リディアダンスアカデミー

コラム

ダンスにキレを出すには?出し方のコツや効果的な練習方法

2021.11.26

    目次

  1. ダンスにキレが必要な理由
  2. ダンスのキレの出し方で押さえておきたいコツ2選
  3. コツ①無駄な力を抜く
  4. コツ②メリハリを意識する
  5. ダンスにキレを出すための2つの練習方法
  6. 練習①体幹トレーニング
  7. 練習②アイソレーション
  8. ダンスのキレの出し方は練習や筋肉の使い方次第

ダンスをやっている人の中には、ダンスにキレを出せずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
レッスンや本などでしっかり勉強していても、キレのあるダンスを習得するのは、なかなか難しいものです。
なぜ、ダンスにはキレを出すことが重要なのでしょうか。

そこでこの記事では、ダンスにキレが必要な理由やダンスにキレを出すためのコツ、練習方法などを紹介していきます。
ダンスのキレの出し方が分からずにお悩みの方は、ぜひご参考ください。

 

ダンスにキレが必要な理由

ダンスのキレとは動きが速いだけではなく、「流す時は流して、止める時は止める」といった、動きに緩急があることを意味しています。
動きにメリハリが出ることでダンスのレベルは上がり、キレが出ることでダンスをより魅力的に見せることができるのです。
そのため、ダンスが上手い人の動きにはキレがあると言われています。

ダンスにキレを出すためには、指定された振り付けやポーズだけを行うだけではなく、呼吸法や筋肉の使い方を常に意識しておく必要があります。

 

ダンスのキレの出し方で押さえておきたいコツ2選

ダンスにキレを出すには、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか。
ダンスにキレを出すためのコツを2つ紹介します。

 

コツ①無駄な力を抜く

1つ目のコツは、無駄な力を抜くことです。
ダンスは体を激しく動かすものが多いですが、常に体に力を入れてしまうと、動きがぎこちなくなってしまうことがあります。
体を素早く動かす際には力を抜く、ポーズを取る際は力を入れるといった感じで、必要に応じて力を上手く加減できるのが理想的です。

 

コツ②メリハリを意識する

2つ目のコツは、ダンスの中でメリハリを意識することです。
ヒップホップやジャズなど、ダンスにはさまざまなジャンルがありますが、ダンスは曲の中でメリハリをつける部分があります。
メリハリをつける部分を意識せずにダンスをしてしまうと、動きに緩急が生まれず、キレがありません。

曲の中でポーズをとるフレーズに差し掛かったら、体に力を入れてメリハリを意識するようにしましょう。
また、キレが必要なパートやポーズを決めるパートでは、一瞬だけ息を吸い込むようにするとキレが出やすくなります。

 

ダンスにキレを出すための2つの練習方法

ダンスにキレをつけるコツを掴んだら、練習にも取り入れてみましょう。
ダンスにキレをつけるためのおすすめの練習方法を2つ紹介します。

 

練習①体幹トレーニング

ダンスにキレをつけるためには、体幹トレーニングがおすすめです。
体幹を鍛えると、さまざまな動きができるだけではなく、よろけにくくなるのでポーズが取りやすくなります。

また、体幹を鍛えるトレーニングにはさまざまな方法がありますが、中でも「プランク」と呼ばれるトレーニングは効果的に体幹を鍛えることができます。
プランクのやり方は以下の通りです。

 

  1. 1. うつ伏せの状態になる
  2. 2. 肘を90度に曲げて、肘から手首まで腕とつま先だけで体を支える
  3. 3. お尻を上に突き出し、体が「く」の字になるようにする
  4. 4. 10秒程状態をキープしたら、ゆっくりとお腹を地面に近付ける
  5. 5. 呼吸を整えたら、再びお尻を上に突き出して体が「く」の字になるようにする

 

10回~20回を1セットとして、これを3セット行います。
プランクの注意点としては、肘やつま先に負荷が強くかかることが挙げられるので、なるべくマットの上でやるのがおすすめです。

 

練習②アイソレーション

首や肩など、体の一部分だけを動かすトレーニングを「アイソレーション」といいます。
アイソレーションはダンスの基礎練習の1つで、毎日コツコツと練習することで体の可動域が広がるようになります。
また、しなやかな筋肉がつくことで、ダンスの動きに緩急がつくようになるため、キレが出やすくなります。

アイソレーションで鍛えることができる主な体のパーツには首、肩、腰、腰などがあります。

音楽を聴いている時やテレビを見ている時でもアイソレーションはできるので、可能であれば、体のパーツごとに1日10分ほどトレーニングするのが望ましいです。

 

ダンスのキレの出し方は練習や筋肉の使い方次第

いかがだったでしょうか。
ダンスにキレが出せると、よりカッコよく、魅力的に自分を演出することができます。

ダンスのキレの出し方としては、常に体に力を入れ続けるのではなく、ポーズを取る際に力を入れることを意識してみましょう。

また、ダンスにキレを出すトレーニング方法は、体幹トレーニングやアイソレーションが効果的です。
どちらのトレーニングも自宅で行うことができるので、日常生活にトレーニングを積極的に取り入れていくようにしましょう。

ダンスにキレを出すためには、トレーニングに加えて、プロの指導を受けることでより上達しやすくなります。

 

リディアダンスアカデミーでは、ダンスのレベルを上げるために、万全のサポート体制でダンスレッスンを行っています。
ダンスにキレを出したい方は、ダンスに伸び悩みを感じている方は、まずは一度無料レッスンを受けてみてください。

 

無料レッスンや校舎など、詳しくはこちらをご覧ください。
キッズダンスなら リディアダンスアカデミー

一覧へ戻る

お問い合わせ

お問合せはこちらからご連絡ください。

お電話でのお申し込みはこちら

0120-545-896お電話はこちらから
協力企業ページの案内画像

会社概要

ダンスアカデミー本部への連絡先

リディア
ダンスアカデミー

運営会社:
株式会社スポーツ&ライフイノベーション
代表取締役:
三木侑平
資本金:
500万円
設立:
2011年 8月25日
住所:
東京office
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-25-8 神宮前コーポラス601
大阪office
〒562-0036
大阪府箕面市船場西3丁目1−7
ICCビル5階
TEL:
0120-545-896
HP:
https://sl-i.co.jp
Google  mapを見る
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー

PageTop