リディアダンスアカデミー

コラム

子供がダンスをうまくなるには?

2021.08.24

    目次

  1. ダンスがうまくなるには
  2. 1.カウントをとれるようになること
  3. 2.体幹を鍛える
  4. 3.自宅での練習を習慣づける
  5. 子供の集中力は続かない
  6. 子供のダンスの上達には親のサポートが欠かせない

「うちの子、ダンススクールに通い始めたのはいいけど、全然上達しない」……。
レベルアップしない我が子に見ているほうもイライラ、なんて経験をしたことがある親御さんも少なくないと思います。

子供のダンススキルをアップさせるにはどうすればいいのでしょうか? ダンスの練習に集中させるのに必要なものとは?
ここでは、子供がダンスをうまくなるのに必要なことなどを紹介します。
ぜひ我が子のダンスのスキルを上達させたいと考えている親御さんは参考にしてください!

 

ダンスがうまくなるには

ダンスがうまくなるにはどうすればいいのでしょうか。
ここでは、ダンスが上達するコツをお伝えします。

 

1.カウントをとれるようになること

ダンスがうまくなるには、まずカウントをとれるようにならなくてはなりません。
ダンスには1エイトなどのカウントがあります。
最初はこのカウントどりに悩む子供も少なくありません。

子供がカウントがうまくとれない理由の一つに表拍と裏拍があります。
ダンスのカウントは「ワン(エン)、ツー(エン)」といった具合に表拍のあとに(エン)という裏拍が入るのですが、

これが子供たちにとっては分かりづらいのです。

表拍と裏拍を上手にとれるようになるためにも、最初は足と手の両方を使ってカウントをとってみましょう。
ワン(表拍)のときに足を鳴らし、エン(裏拍)のときに手を叩くといった具合に、身体を使って覚えることで徐々に慣れていきます。

リズムに乗れるようになるためにも、まずはカウントをうまくとれるようになりましょう。

 

2.体幹を鍛える

ダンスをするうえでは身体づくりも重要です。

ダンスが苦手な子の中には、体幹を鍛えることでメキメキと上達していく子もいます。
そもそも体幹が弱いとまっすぐ立つことすらできず、ダンスどころではありません。
また体幹トレーニングは怪我の予防にもつながります。

体幹トレーニングといってもキツイ筋トレをする必要はなく、

筋肉を動かし体温を上げて可動域を広げていくアクティブストレッチなどで問題ありません。
ほかにもバランスボールやバランスディスクなどの小道具を使うことで、より楽しく体幹を鍛えることができます。

 

3.自宅での練習を習慣づける

たとえ熱心にダンススクールに通っていても、自宅で練習しない子のダンススキルは伸びません。
ダンススクールで受けられる練習時間はせいぜい週1~2時間程度。
それ以外の膨大な時間をどのように活用するかが、上達に大きく関わってきます。

ダンスがうまくなりたい! というお子さんには、毎日数分間でもかまいませんので、練習を習慣化させるようにしましょう。

 

自宅での練習を習慣化させるためにも、まずは練習スペースを用意してあげる必要があります。
そして、「ご飯の前は必ず練習しなくてはいけない」などのルールをつくってあげましょう。
最初は「疲れている」「やりたくない」などごねるかもしれませんが、

ある程度毎日の習慣になってしまえば、ダンスをしないとなんだか気持ち悪いといった具合に変わってくるはずです。

 

親ができる練習のサポートとして挙げられるのが、動画撮影。
動画を撮影して、「ここの部分が良かったね」「前より上手になっていたよ」などとポジティブな声かけをしてあげれば、

お子さんのモチベーションもきっと上がるはず。

逆に「もっとこうしなさい」「どうしてうまくできないの」などと叱られてばかりだと、ダンス嫌いになってしまう可能性も……。
まずは自宅で練習している行為そのものを褒めてあげるようにしましょう。

 

子供の集中力は続かない

うちの子は集中力が続かない……と悩んでいる親御さんもいると思います。
しかし、子供の集中力が続かないのは当然。
続かなくても仕方がない、と考えましょう。

そのため、こまめに休憩を入れたり、数分間の練習でも良しとしたりするなど、大人側も完璧を求めすぎないことが大事です。

ただし、子供であっても「楽しいこと」「好きなこと」に対しては思わぬ集中力を発揮することがあります。
そのためにも、まずは「ダンスが好き」「ダンス楽しい」と思ってもらうことが大切です。

楽しかったり、好きだったりしたら、「努力して練習している」という感覚がありません。
好きなことを突き詰めているうちに、自然と上達していた、といった感覚でしょう。

 

また集中力が続かない理由には、生活習慣が関係していることもあります。
お子さんは毎日しっかり睡眠をとれていますか?

食生活は偏っていませんか?
スマホやゲームを長時間していませんか?
これらの生活習慣の乱れも、集中力に関係してきます。

子供に集中してダンスに取り組んでもらいたいと思ったら、親自ら子供が楽しんで意欲的にダンスをできる環境を整えてあげること。
それが一番の上達への近道かもしれません。

 

子供のダンスの上達には親のサポートが欠かせない

子供がダンスをうまくなるには何が必要かをお伝えしました。
お子さんの場合、上達したくても何をどうすればいいか分からない場合もあります。

またテレビやゲームなど周囲の誘惑に負けてしまうこともあるでしょう。
そんなときは、親御さんの出番です。
お子さんがどうすれば自宅でもダンスの練習を楽しんでするようになるか? 色々手を尽くしてみてください。
その努力がきっとお子さんのダンスの上達につながってくると思います。
さらなるレベルアップを求める方は、リディアダンスアカデミーのレッスンを受けることもおすすめします。

無料レッスンや校舎など、詳しくはこちらをご覧ください。

一覧へ戻る

お問い合わせ

お問合せはこちらからご連絡ください。

お電話でのお申し込みはこちら

0120-545-896お電話はこちらから
協力企業ページの案内画像

会社概要

ダンスアカデミー本部への連絡先

リディア
ダンスアカデミー

運営会社:
株式会社BOMAHO
代表取締役:
三木侑平
資本金:
500万円
設立:
2011年 8月25日
住所:
〒562-0036
大阪府箕面市船場西3丁目1−7
ICCビル5階
TEL:
0120-545-896
HP:
https://bomaho.jp/
Google  mapを見る
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー

PageTop