ダンスの振り付けが覚えられない人必見!覚え方と練習方法 - リディアダンスアカデミー

リディアダンスアカデミー

コラム

ダンスの振り付けが覚えられない人必見!覚え方と練習方法

2021.11.26

    目次

  1. ダンスの振り付けを覚えるのが苦手な人の特徴
  2. 特徴①基本的な技が身についていない
  3. 特徴②集中力がない
  4. 特徴③覚えることが元々苦手
  5. ダンスの振り付けの覚え方のコツ
  6. 覚え方のコツ①全体像をつかむ
  7. 覚え方のコツ②手より足の動きを先に覚える
  8. 覚え方のコツ③言葉をつけて覚える
  9. 覚え方のコツ④同じ講師のレッスンに通う
  10. ダンスの振り付けを覚えるための練習方法
  11. 練習方法①復習・繰り返し練習をする
  12. 練習方法②鏡に頼りすぎずに踊る
  13. 練習方法③「手だけ」「足だけ」で踊ってみる
  14. 練習方法④カウントだけ・言葉だけで踊ってみる
  15. ダンスの上達スピードを上げるコツと考え方
  16. ダンスの振り付けの覚え方は全体像をつかんで繰り返し練習することが大事!

ここ数年、BTSやTWICEといったK-POPアイドルの影響などで、年齢問わずダンスを始める人が多くなっています。
しかし、ダンスのレッスンに通い始めても、振り付けがなかなか覚えられずに、周りについていけずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではダンスの振り付けの覚え方や練習方法を紹介します。
ダンスの振り付けが覚えられない人はぜひご覧ください。

 

ダンスの振り付けを覚えるのが苦手な人の特徴

レッスンを一緒に受けている人の中には、与えられた振り付けをすぐにマスターしてしまう人もいます。
すぐに覚えられる人と、覚えられない人にはどのような違いがあるのでしょうか。
以下に、ダンスの振り付けを覚えるのが苦手な人の特徴を3つ紹介します。

 

特徴①基本的な技が身についていない

ダンスを覚えられない人の1つ目の特徴は、基本的な技が身についていないことです。

ダンスにはジャンルごとに基本的な技があります。
たとえば、ヒップホップであれば、走っているような動きをする「ランニングマン」や、キックして下がるステップの「ポップコーン」はもっとも基本的な技です。

 

ほとんどの場合、レッスンで振り付けを教わる際は、上記のような技を覚えている前提で進みます。
そのため、振り付けをスムーズに覚えるには基本的な技をマスターしておくことが重要となります。

基本的な技を全く知らない初心者の人は、はじめのうちは苦労するかと思います。
しかし、次のレッスンまでに基本的な技を反復して覚えられるようにしていけば、自然に覚えも良くなるでしょう。

 

特徴②集中力がない

ダンスを覚えられない人の2つ目の特徴は、集中力がないことです。
基本的に、ダンスのレッスンは1時間半前後で行われます。
レッスンでは、その限られた時間の中で、多くの振り付けを覚えなければならないことが多いです。
特に振り付けの量が多いと、一つひとつを教わる時間が短くなるため、短期集中戦となります。

そのため、集中力が続かないと一瞬でついていけなくなることがあるので、1時間半の間は常に集中力を切らさずに取り組むことが大切です。

 

特徴③覚えることが元々苦手

ダンスを覚えられない人の3つ目の特徴は、覚えることが元々苦手なことです。
覚えることが元々苦手なのは仕方がないことで、実際に振り付けの吸収の良し悪しには個人差があります。
ダンスの初心者の人でもすぐにマスターできる人もいれば、ある程度の経験者でも覚えるのが苦手な人もいます。

 

しかし、振り付けの覚えが良いことがダンスの上手さに比例するわけではなく、覚えるのが苦手でもダンスが上手な人も多いので、心配する必要はありません。
元々振り付けを覚えるのが苦手な人は、基本的な技は完璧にすることや、覚えるときには常に集中したりして取り組むことなど、他のところで努力するとよいでしょう。

 

ダンスの振り付けの覚え方のコツ

では、ダンスの振り付けを覚えるのが苦手な人はどうすれば覚えられるようになるのでしょうか。
以下で紹介する4つのコツを意識してみてください。

 

覚え方のコツ①全体像をつかむ

ダンスの覚え方の1つ目のコツは、振り付けの全体像をつかむことです。

基本的に一度に与えられる振り付けは、ダンスの小節を表すエイト数で換算すると4×8~16×8のものが多いです。
まずは、その与えられた尺の振り付けの全体像をつかむ必要があります。
たとえば4×8の場合、

「1×8目はこのステップで、2×8目の3カウント目でターンをする……そして4×8目はボックスステップで終わる」

といった全体的な流れを頭の中で整理するといった具合です。

 

なお、振り付けが与えられる中でわからない技がでてくることもあります。
しかし、全体像をつかむ前に、わからない技ばかりに捉われてしまうと、他の部分がおろそかになってしまいます。
その結果、全体の振り付けが覚えられないという事態になってしまう可能性があるので、わからない技は全体の流れをつかんだ後で集中して覚えましょう。

 

覚え方のコツ②手より足の動きを先に覚える

ダンスの覚え方の2つ目のコツは、手より足の動きを先に覚えることです。
基本的に、ダンスの振り付けは一つひとつの動きが連動しているため、自然な体重移動が行われます。
人間の体重は足で支えられているため、足の動きで体の重心が移動し、それに連動して手が動くのです。

そのため、足の動きを先に覚えることで振り付けの全体の流れを把握できます。
そうすると、後から手の動きをつけても違和感のない動きになるのです。

振り付けがなかなか覚えられない人は、まずは足の動きから覚え、あとから手を連動させてみましょう。

 

覚え方のコツ③言葉をつけて覚える

ダンスの覚え方の3つ目のコツは、言葉をつけて覚えることです。

振り付けを体で覚えられない場合は、まずは言葉をつけて整理してみましょう。
体で覚えるよりも、言語化した方が頭に入っていく可能性があります。
たとえば、「右足前に、身体をかがめて、左足で下がって、ここでターン」のような形です。

そして、言語化することができたら、言葉を発しながら踊ってみましょう。
そうすると、言葉をつける前よりも身につきやすくなるはずです。

 

覚え方のコツ④同じ講師のレッスンに通う

ダンスの覚え方の4つ目のコツは、同じ講師のレッスンに通うことです。

なかなか振り付けを覚えられないため、講師を変えて自分に合う講師を探す人は多いのではないでしょうか。
しかし、毎回違う講師に習っていると、そのたびに慣れない動きを教わるので振り付けを吸収できにくくなります。

講師には、動きに一定の特徴がある、または一つの振り付けに取り入れる技が似ている傾向があります。
そのため、定期的に同じ講師のレッスンを受けることで、徐々に講師の動きを真似できるようになっていきます。

講師を頻繁に変えている人は、一度同じ講師の元でレッスンを受け続けてみてはいかがでしょうか。

 

ダンスの振り付けを覚えるための練習方法

ダンスの振り付けの覚え方のコツを踏まえたうえで、具体的な練習方法を紹介します。

 

練習方法①復習・繰り返し練習をする

最も効率的にダンスを覚えるためにできる練習方法は、体に染みつくまで復習・繰り返し練習をすることです。

レッスンで習った動きは、復習しないと次のレッスンで忘れてしまうことが多いです。
そのため、その日に習った動きは数日以内に復習をすることで、忘れないようにすることが重要となります。

 

また、ただ復習するだけではなく、いつやってもできるように体に覚えさせることも重要です。
覚えた動きを定着させるためには、同じ動きを何度も繰り返し練習しましょう。
その際、遅い曲調から早めの曲調までさまざまな曲で練習をすることで、どんな振り付けのときでも踊れるようになるでしょう。

 

練習方法②鏡に頼りすぎずに踊る

2つ目の練習方法は鏡に頼りすぎずに踊ることです。

通常、レッスン中は鏡を見ながら振り付けを覚えていくことが多いです。
しかし、レッスンでは自分以外にも人がいるので、鏡を見ながら踊っていると、鏡越しの他の人の踊りを真似してしまうことがあります。

鏡越しの他の人の踊りを真似するのは、振り付けが身についているとはいえないので、鏡に頼りすぎるのはよくありません。
鏡のないところで踊って練習してみましょう。

 

練習方法③「手だけ」「足だけ」で踊ってみる

3つ目の練習方法は「手だけ」「足だけ」で踊ってみることです。

振り付けの全体像をつかんでも、すぐにすべての振り付けを踊ろうとしてもなかなか上手くいかないでしょう。
そのようなときには、「手だけ」「足だけ」に分解して踊ってみるといいです。
一つひとつ分解して踊ると、一度に覚えることが少ないため、頭が整理されやすいです。

 

この練習方法は、動きが細かいダンスで特におすすめです。
たとえば、ワックダンスやタットは他のジャンルと比べても特に細かい動きが多く覚えづらいので、おすすめの練習方法です。

 

練習方法④カウントだけ・言葉だけで踊ってみる

4つ目の練習方法はカウントだけ・言葉だけで踊ってみることです。

「手だけ」「足だけ」に分解して踊るのと同じように、カウントだけ・言葉だけに分解して踊って覚える練習方法も有効的です。
いきなり曲に合わせて踊るとスピードが早くついていけない場合には、カウントだけで踊るとよいでしょう。
また、振り付けが体ではまったくついていけないときには、言語化して整理すると身につきやすいです。

 

ダンスの上達スピードを上げるコツと考え方

今回の記事ではダンスの振り付けを覚えるコツについて紹介しました。
また、ダンスを覚えたあとは上手に踊れるよう上達のコツや考え方を知ってくといいでしょう。
下の記事ではダンスを上達させるための考え方やコツについて解説しているので、ぜひご参考にしてください。
ダンスを上達させるために必要な考え方やコツとは?

 

ダンスの振り付けの覚え方は全体像をつかんで繰り返し練習することが大事!

いかがでしたでしょうか。
ダンスの振り付けを覚えることが苦手でも、改善する方法はいくつもあります。
中でも、もっとも重要なコツは振り付けの全体像をつかむことです。

また、レッスンで学んだことは数日以内におさらいしましょう。
体に染みつくまで復習・繰り返し練習をすることで、覚えるスピードが早くなります。

 

リディアダンスアカデミーではよりすぐりの講師の下、丁寧なレッスンを行っています。
ダンスに興味のある人は、リディアダンスアカデミーでダンスをはじめてみませんか?

 

無料レッスンや校舎など、詳しくはこちらをご覧ください。
キッズダンススクールならリディアダンスアカデミー

一覧へ戻る

お問い合わせ

お問合せはこちらからご連絡ください。

お電話でのお申し込みはこちら

0120-545-896お電話はこちらから
協力企業ページの案内画像

会社概要

ダンスアカデミー本部への連絡先

リディア
ダンスアカデミー

運営会社:
株式会社スポーツ&ライフイノベーション
代表取締役:
三木侑平
資本金:
500万円
設立:
2011年 8月25日
住所:
東京office
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-25-8 神宮前コーポラス601
大阪office
〒562-0036
大阪府箕面市船場西3丁目1−7
ICCビル5階
TEL:
0120-545-896
HP:
https://sl-i.co.jp
Google  mapを見る
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー

PageTop