ダンススクールの選び方や通わせるメリットについて解説 - リディアダンスアカデミー

リディアダンスアカデミー

コラム

ダンススクールの選び方や通わせるメリットについて解説

2022.11.22

    目次

  1. キッズダンススクールを選ぶ際のチェックポイント
  2. 基本から学べる
  3. 子どもの成長を重んじている
  4. 立地を確認する
  5. レッスン費用はいくらか
  6. 習いたいダンスジャンルのレッスンを行っているか
  7. レッスンを行う時間
  8. レッスンの人数
  9. 発表会などの目標があるか
  10. ダンススクール選びの注意点
  11. 追加料金が多い
  12. 代行講師が多い
  13. 入会時退会時の確認
  14. 代講、休講が多いかどうか確認
  15. ダンススクールに通うメリット
  16. 基礎から学べる
  17. 友達ができる
  18. 整った環境で練習ができる
  19. 子どもに合ったダンススクールを探そう

子どもに習い事をさせたいと思う親御さんは多くいらっしゃいます。

しかし習い事と言っても、塾から料理教室などたくさんの習い事があります。

親であれば、子どもの将来に役立つ習い事をさせてあげたいですよね。

たくさん習い事があるなかでも、協調性や運動機能の向上が見込めるダンススクールは、習い事の中で大変人気です。

では、子どもをダンススクールに通わせる際、どういった基準で選べばいいのでしょうか。

またダンススクールに通わせると、どういったメリットがあるのでしょうか。

今回は、ダンススクールの選び方や通わせるメリットについてご紹介いたします。

キッズダンススクールを選ぶ際のチェックポイント

全国にはたくさんのダンススクールがあります。

自分の子どもに合ったダンススクールを選ぶには、どういったところに気を付ければいいのでしょうか。

キッズダンススクールを選ぶ際のポイントをご紹介します。

基本から学べる

キッズダンススクールを選ぶ際は、基礎から指導するコースやクラスがあるか確認してみましょう。

ダンススクールによっては、基礎を省いて運営しているところもあります。

しかしダンスの基礎が身に付いていなければ、ダンスのスキルは上がりにくいでしょう。

ダンスの上達も視野に入れている場合は、基礎から教えてくれる環境が整っているスクールを選びましょう。

 

子どもにダンスを習わせたいけれど、ダンススクールではどんなことをするのかわからない・・・という方も少なくないと思います。
こちらの記事で、ダンススクールでのレッスン内容や流れをご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

▶参考記事:ダンススクールってどんな感じ?【どんな練習?どんな流れ?】

子どもの成長を重んじている

ダンススクールに通う場合、ただダンスが上達するだけではありません。

メンバーとの協調性や社交性など、子どもの成長にかかせないスキルを身に付けられます。

こういった経験は、学校などの集団生活にもいい影響を与えてくれます。

子どもの将来のためにも、ダンス以外の部分で成長を促すような理念などを掲げているスクールを選びましょう。

立地を確認する

習い事を通わせるうえで、スクールの立地は非常に重要です。

まだ子どもの年齢が低い場合、スクールの送迎は親御さんになります。

スクールまでの距離が遠いと送迎が面倒だと感じてしまい、通わせるのが億劫になっていきます。

子ども自身もスクールまでの距離が長いとしんどく感じてしまうでしょう。

また子どもが大きくなってくると、一人で習い事に行く場合もあります。

立地が悪いと防犯面でも心配でしょう。

最寄り駅からの距離や交通量など、選ぶ際はダンススクールの立地を確認しましょう。

レッスン費用はいくらか

「子どものためになるのなら」と費用を気にしない方も多いでしょう。

しかし、費用を気にせず通わせてしまうと、レッスン費が高額になってしまう場合もあります。

発表会の費用や衣装代など、習い事を始めるとレッスン費用以外にも必要なお金が多くなります。

レッスン費用の関係で、ダンススクールを転々と変えてしまうと、子どもも混乱して通わなくなる場合もあります。

自分たちが無理なく通わせてあげられる料金のダンススクールを選びましょう。

習いたいダンスジャンルのレッスンを行っているか

ヒップホップからジャズダンスなど、ダンスにもたくさんの種類があります。

ダンススクールに通わせる際は、子どもが習いたいと思っている種類のダンスがあるところを選びましょう。

違う種類のダンスを習わせても、子どもは嫌だと感じてしまい行かなくなる可能性もあります。

どういったダンスがしたいのか子どもに確認し、それに合ったダンススクールを選んであげましょう。

「ダンスがしたい!」など抽象的な場合は、いろんなジャンルの体験レッスンなどを行い、好みのダンスを見つけてあげるのも効果的です。

レッスンを行う時間

子どもが通える時間帯にレッスンがあるのか確認しましょう。

またダンススクールへの送り迎えは、基本的に親御さんになります。

送り迎えができる時間帯かどうかなど、選ぶ際はスケジュールを確認しておきましょう。

レッスンの人数

同じレッスンに通う人数の確認も非常に重要です。

お友達がたくさんいると、楽しいと感じるでしょう。

しかし子どもによっては、「恥ずかしい」「人が多くて怖い」と感じてしまう子もいます。

また人数が多いと、マンツーマンのように直接指導がない場合も多いです。

どういった指導を受けて欲しいのかなど、子どもがストレスを感じず通えるようにレッスン人数は予め確認しておきましょう。

発表会などの目標があるか

ダンスを上達させるために工夫しているか確認してみましょう。

ただダンスを練習するだけでは、ダンスは上達しません。

上達させるために、定期的な発表会などのイベントや目標が必要です。

ダンススクールを選ぶ際は、発表会や目標設定などダンスが上達するような取り組みをしているところを選びましょう。

ダンススクール選びの注意点

多くのダンススクールがある中で、どういったところに注意して選べばいいのでしょうか。

ダンススクールを選ぶ際の注意点を4つご紹介します。

追加料金が多い

ダンススクールは、レッスン費用以外にも発表会費用などがあります。

しかしダンススクールによっては、それ以外の追加料金が発生する場合もあります。

入会したあとに知ってしまうとトラブルになる場合もあるため、入会時に追加料金について確認しておきましょう。

半年や1年を通して必要な費用がいくらなのか明確に確認しておくと、入会後のトラブルも未然に防げます。

代行講師が多い

代行講師がレッスンをしているダンススクールは、なるべく避けましょう。

どういった事情で代行講師がレッスンをしているのかは不明ですが、毎回違う講師に指導されてしまうと、子どもが混乱してしまいます。

レッスン時間やコースによって講師が決まっているのか、代行講師になる場合の理由についても確認しておくと安心です。

入会時退会時の確認

入会時や退会時の確認も料金トラブルを防ぐために確認しておきましょう。

ダンススクールによっては、2ヶ月前払いなどスクールによって料金設定が異なります。

入会時にレッスン費用の返金や退会手続きなど、お金に関してのやりとりはきちんと確認しておきましょう。

代講、休講が多いかどうか確認

講師の方も人間ですので、体調を崩してレッスンが休講になる場合があります。

それ以外でも、レッスン自体が休講になってしまう可能性もあります。

休講があった場合、どういった対応を取っているのか入会時に確認しておきましょう。

ダンススクールによっては、代講やレッスン費用の一部返金を行うところもあります。

ダンススクールに通うメリット

そもそもダンススクールに通わせると、どういったメリットがあるのでしょうか。

それぞれのメリットについて確認してみましょう。

基礎から学べる

素人が独学で子どもにダンスを教えるのは難しいでしょう。

誤ったやり方を教えてしまうと、怪我をしてしまう場合もあるでしょう。

ダンススクールであれば、プロの講師が基礎から教えてくれます

基礎から丁寧に指導してもらえば、年齢が上がるにつれてどんどん上達していきます。

ダンスの基礎をプロの講師に教えてもらえることは、ダンススクールに通わすうえでかなり魅力的なメリットです。

友達ができる

グループレッスンを受けると、自然と友達ができます

幼稚園や学校以外で友達ができるのは、協調性や社会性が身についている証拠です。

ダンススクールでは、ダンススキル以外にも学ぶところは多くあります。

学校などの集団生活をしている子どもにとって、ダンススクールは重要な経験ができる場所でもあります。

それに共通の趣味を持っている友達は、特別感があり、子どもにとっても嬉しいと感じるでしょう。

整った環境で練習ができる

ダンススクールに通わせるメリットに、子どもに合わせた環境でダンスを練習できるといった点があります。

環境が整っていない場所でダンスの練習をしてしまうと、怪我につながる場合もあります。

安全面などが考えられているスタジオなどで練習すれば、怪我をせずに伸び伸びとダンスができるでしょう。

また親としても、安全面が確保されているほうが安心して子どもを預けられます。

子どもに合ったダンススクールを探そう

いかがでしょうか。

今回はダンススクールの選び方や通わせるメリットについてご紹介しました。

ダンスと言っても、さまざま種類があります。

まずは、子どもがどういったダンスを習いたいのか確認してみましょう。

ダンススクールによっては、体験レッスンなどもあります。

親子で参加できるものもあるため、自分たちにあったダンススクールを探しましょう。

自分たちに合ったダンススクールを探している場合は、ぜひBOMAHOのリディアダンスアカデミーをご利用ください。

「子どもの成長にとことんこだわるダンススクール」を理念に掲げており、初心者専用のダンスコースも多数ご用意しております。

初心者コースから上級者コースまで、それぞれの子に合った指導と環境を用意して楽しくダンスできるよう心がけています。

ダンスを習う場合は、ぜひリディアダンスアカデミーをご利用ください。

 

無料レッスンや校舎など、詳しくはこちらをご覧ください。
キッズダンススクールならリディアダンスアカデミー

一覧へ戻る

お問い合わせ

お問合せはこちらからご連絡ください。

お電話でのお申し込みはこちら

0120-545-896お電話はこちらから
協力企業ページの案内画像

会社概要

ダンスアカデミー本部への連絡先

リディア
ダンスアカデミー

運営会社:
株式会社スポーツ&ライフイノベーション
代表取締役:
三木侑平
資本金:
500万円
設立:
2011年 8月25日
住所:
東京office
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-25-8 神宮前コーポラス601
大阪office
〒562-0036
大阪府箕面市船場西3丁目1−7
ICCビル5階
TEL:
0120-545-896
HP:
https://sl-i.co.jp
Google  mapを見る
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー

PageTop