リディアダンスアカデミー

コラム

現在も進化が止まらない!ニュースクールダンスの特徴と歴史

2022.05.27

    目次

  1. ニュースクールとは
  2. ニュースクールダンスの特徴
  3. ヒップホップダンス
  4. ガールズヒップホップダンス
  5. ハウスダンス
  6. ニュースクールの歴史
  7. オールドスクールとは
  8. 多様な顔を持つニュースクールダンス

ダンスに携わると必ず耳にするのが、「ニュースクール」や「オールドスクール」といった言葉です。これらはストリートダンスの時代区分であり、それぞれ異なる特色や文化を持ちます。

そこで本記事では、現代に最も馴染み深いニュースクールダンスの特徴や歴史を紹介します。
ダンスのジャンル選びで迷っている方、ニュースクールと他のジャンルの違いを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ニュースクールとは

1960年代にアメリカで発祥したストリートダンスは、音楽や社会情勢の変化に合わせ、これまで様々なスタイルが派生しました。
ブニュースクールとは、1990年代以降に流行ったストリートダンスの総称です。
「ニュースクール」という言葉の誕生をきっかけに、1990年代以前に盛んに踊られていたダンスは「オールドスクール」と呼ばれるようになりました。
また、日本では1980年代末から1990年代初頭のダンスをミドルスクールとし、3種類に分類する場合があります。

ニュースクールダンスの特徴

ブニュースクールダンスは、ミドルスクールやオールドスクールなどの様々なジャンルを融合させ、音楽の曲調やリズムにノって踊る比較的現代らしい踊りです。
流行に合わせ次々と新しいスタイルが生まれており、現在進行形で進化しています。

ここでは、ニュースクールダンスの代表格であるヒップホップ・ガールズヒップホップ・ハウスに焦点を当てて、その特徴を見ていきましょう。

ヒップホップダンス

ヒップホップダンスは、最も知名度が高く人気のあるストリートダンスの一種です。アップとダウンのリズムを基本とし、全身を使って様々なステップを繰り広げます。
元々パーティーダンスの要素が強いため、決まったスタイルがなく、表現の自由度が高いのが特徴です。

ヒップホップダンスでは、走るように足を踏み続ける「ランニングマン」や、カニのように足を開閉する「クラブステップ」などのステップが頻繁に取り入れられます。

ガールズヒップホップダンス

ガールズヒップホップダンスは、ヒップホップダンスの一種で、女性らしさを活かした振り付けが特徴的です。
ウェーブで胸や腰などのボディラインを強調したり、露出のある衣装を纏ったり、女性ボーカルの楽曲を使用したりします。
一般的に女性ダンサーが多いものの、最近では男性がセクシーに踊るシーンも増えています。

ハウスダンス

ハウスダンスは、速めのテンポに合わせて流れるようなステップやフロアワークが特徴的なダンスです。ディスコでかかっていた音楽から発展したクラブミュージックである「ハウスミュージック」に合わせて踊ります。
元々、ニューヨークのダンサーたちが、ヒップホップやブレイク・カポエイラ・サルサ・バレエ・アフリカン・タップなど様々なスタイルを織り交ぜて踊っていたことが起源とされています。

ハウスダンスでは、「シャッフル」や「パドブレ」などの足のステップから、「ドルフィン」と呼ばれるフロアの大技まで、全身を使ったアクロバティックな動きが見どころです。

ニュースクールの歴史

1980年代にロック・ブレイク・ポップなどのオールドスクールが流行した中、1990年代にストリートダンスの新たな価値観を提示したニュースクールが誕生します。
新時代のダンサーたちは、従来のストリートダンスとは一線を画す新しいスタイルであることを強調するため、自分たちのスタイルを「ニュー」スクールであると定めました。

ニュースクールは、ヒップホップ文化に象徴される派手なアクセサリーや銃・犯罪などの不良的なイメージを排除したことが特徴で、「草食系ヒップホップ」とも呼ばれます。

ニュースクールの人気を押し上げたのが「ネイティブタン」と称するヒップホップダンサー集団です。彼らは「不良でなくても、あくまでヒップホップ音楽が好きだ」という純粋な思考でヒップホップの世界に流入し、実力で評価される時代を切り拓きました。
ニュースクールの誕生は、まさにブヒップホップやストリートダンスの価値観を多様化させるきっかけとなったのです。

日本においても、第一次ディスコブーム時に六本木で繰り広げられていた踊りがニュースクールに属するとされ、現在に至るまで進化を遂げています。

オールドスクールとは

ここまででニュースクールについて解説してきました。こちらではオールドスクールについてご紹介しています。ニュースクールよりも深い歴史を持つ、オールドスクールという歴史を知ることで、よりダンスをするうえで面白くなるでしょう。

こちらもぜひあわせてご覧ください。

今でも手堅い支持を誇る!オールドスクールダンスの特徴と歴史

多様な顔を持つニュースクールダンス

いかがでしたでしょうか。
今回は、ストリートダンスの時代区分であるニュースクールについて、その特徴や歴史を紹介しました。
ニュースクールダンスはジャンル分けが明確でなく、様々なステップや技を織り交ぜた自由度の高いダンスです。時代やダンサーによって次々と新しいスタイルが確立されていき、今後もますます注目が集まります。

 

無料レッスンや校舎など、詳しくはこちらをご覧ください。
キッズダンスなら リディアダンスアカデミー

一覧へ戻る

お問い合わせ

お問合せはこちらからご連絡ください。

お電話でのお申し込みはこちら

0120-545-896お電話はこちらから
協力企業ページの案内画像

会社概要

ダンスアカデミー本部への連絡先

リディア
ダンスアカデミー

運営会社:
株式会社スポーツ&ライフイノベーション
代表取締役:
三木侑平
資本金:
500万円
設立:
2011年 8月25日
住所:
東京office
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-25-8 神宮前コーポラス601
大阪office
〒562-0036
大阪府箕面市船場西3丁目1−7
ICCビル5階
TEL:
0120-545-896
HP:
https://sl-i.co.jp
Google  mapを見る
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー
リディアダンスアカデミー

PageTop